展示・イベント

"たきもの"を知る

201810takimono_banner.jpg

"薫物"は、沈香や白檀といった香木・丁子・甘松など数種類の香料を粉末にし蜜や梅肉を加えて練りあげたお香です。
この黒くて丸いお香は練香とも呼ばれ、現在は、主に茶の湯の席で用いられます。

この秋、薫習館 松吟ロビーでは、練香の製造工程やその香りに焦点を当てた展示をいたします。
製造現場でしか見ることができない道具や職人の手わざを是非ご覧ください。

場所

香老舗 松栄堂 薫習館1F 松吟ロビー 会場地図
※入館無料

会期(平成30年)

10月17日(水)~11月12日(月)

時間

10:00〜17:00
※10月26日(金)・11月2日(金)は、ワークショップ開催のため20時まで営業いたします。
詳細は下記をご覧ください。

練香の製造実演「職人の手わざを見よう!」

練香をつくる工程を実演いたします。

日時
11月3日(土)・4日(日) 終了しました

ワークショップ「お香はじめて教室〜"薫物"をたいてみよう〜」

ご自身で火加減をコントロールしながら、"薫物(練香)"の香りを引き出すコツをご案内します。
秋の夜長を甘い香りとともに楽しみましょう。

日時
10月26日(金)・11月2日(金) 終了しました
18:30〜19:30
※ご予約優先

ワークショップ詳細は下記をご覧ください。
「お香はじめて教室〜"薫物"をたいてみよう〜」紹介ページ

ページトップへ戻る