展示・イベント

現代の源氏物語絵展(第2期展示)

日本文学を代表する長編小説『源氏物語』。昭和から平成に移る三十年前。
その『源氏物語』を現代の感覚で捉え直してみたいという願いから、上村松篁画伯をはじめ、当時の京都で活躍される五十四人の日本画壇の先生方に、五十四帖に応ずる作品をおのおの描いていただきました。時代は令和へ移り、あらためて物語の世界観を辿っていただきたく、このたび薫習館松寿文庫展示室で、順次展示をさせていただく運びとなりました。
香の道具や、源氏香図をあしらったゆかりの小品とともに、全六期にわたり紹介いたします。

    

場所

香老舗 松栄堂 薫習館2F 松寿文庫展示室  会場地図
※入場無料

会期(令和2年) 【第2期展示】

10月11日(日)~25日(日)
11月11日(水)~25日(水)

※両期の展示替えはございません。

時間

10:00〜17:00

来場者把握と記録のため、お名前とご連絡先のご記入をお願いしております。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご協力をお願いいたします。

第2期展示作品

第十帖 「賢木」   岡村 倫行

第十一帖 「花散里」 黒光 茂樹

第十二帖 「須磨」  下村 良之介

第十三帖 「明石」  池田 道夫

第十四帖 「澪標」  前田 直衞

第十五帖 「蓬生」  三輪 晃久

第十六帖 「関屋」  鹿見 喜陌

第十七帖 「絵合」  堀  泰明

第十八帖 「松風」  澤野 文臣

ページトップへ戻る